<在留期間>長期化の方向ですか?

<在留期間>長期化の方向ですか?

2018年03月15日(木)11:33 AM

 

ムページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

 

3月も半ばになり、多くの専門学校で卒業式が行われています。

 

母国で大学を卒業していない留学生の場合、専門学校の卒業式の時に

授与される「専門士の称号」の証明書を入管に持参しないと

新しい在留カードを発行してもらえません。

許可のハガキが2月中に届いても、すぐに働くことはできないんですね…

 

一昨日は、今まで大事に溜めておいた?専門学校卒業生の

新しい在留カードを受け取りに行きました。

 

 

留学生が一番気にするのは「在留期間」ですね。

 

13件中

1年×1件

3年×7件

5年×5件

 

昨年は1年が多かったので、明らかに長期化しています。

 

今年の就労資格変更の審査は大変厳しいものでした。

昨年と同じ会社で同じ内容のお仕事でも、不許可になりました。

 

その代わり、許可したなら長く働いてもらいましょう!

という方針に変換したのかもしれません。

 

その方が、入管の業務も減りますからね。

 

ただ、行政書士的には、元留学生に次に会えるのは3年5年後かと思うと

ちょっと寂しいです。

 

5年後は、どんな状況になっているのでしょうか?

楽しみでもありますね(^^♪

 

 

 


  |  

過去の記事